ライフスタイル

映像クリエイターになる近道は独学が最適?独学にオススメのサイト

映像クリエイターになる近道は独学が最適?

謎のマダム

大学に行かないと映像クリエイターになるのは難しいのかしら??

イノシタ

必ずしもそんなことはなくて、むしろ独学のほうが伸びると思っていますよ。マダム。

それはなぜかというと、独学とはそもそも自分で学ぶという姿勢で始まるからです。自分の意思が入ればモチベーションが全然違ってきます。

大学や専門学校で学ぶのももちろんアリですが、映像クリエイターになるのが目的ということであれば高いお金を払って大学・専門にまで行く必要はないと思います。

僕は東京工芸大学という一応4年制の芸術系の大学に行っていたのですが、映像クリエイターになるためのスキルとソフトウェア(主にAdobe AfterEffects)の扱いについては、ほぼほぼ独学でした。(そもそもソフトウェアの扱い自体はそんなに教えて
くれない)
大学卒業後は就職 → 独学では至らなかった知識を吸収(ただ技術的な面は引き続きほぼ独学) → 3年後独立という感じです。

独学ってどうやってやるの?

映像制作は、ほとんどと言っていいほどAdobe社のAfterEffects(アフターエフェクツ)が使用されていますので、その使い方を学ぶことが必要になります。
当時は専門のチュートリアルサイトがそこまで多くありませんでしたが、今ではYouTubeにも腐る程チュートリアルがあるので勉強には困らなそうですね。

僕が実際勉強したオススメのサイト

AyatoWeb(アヤトウェブ)

http://www.ayatoweb.com/index.html

言わずと知れた日本AfterEffects会の巨匠・藤井彩人さんのサイトです。

ここのAFTER EFFECTS TIPSAFTEREFFECTS LABに命を救われた人は数えきれないほどいるでしょう笑
まずはAFTER EFFECTS TIPSとAFTEREFFECTS LABを一通りやってみてください。
1つ1つやりながら作業してみるとそのうち何かがつかめると思います。

2000年初頭からやられているサイトなので今とはエフェクトの名称が変わっていたりわからない部分があるかもしれませんが、完全に同じものを作るのが目的ではなく、あくまでも機能を習得するためだと思ってなんとなくやってみるとストレスが減るかもしれません。
(同じ風にやってるのになぜかできない時のストレスはハンパないです笑)

もしわからないことがあればクリエイターズギルドで質問して頂ければお答えしますよ!
クリエイターズギルドについての記事はこちら

1度VideoCopilot社のアンドリューが来日した際にイベントでお話させて頂いて、その後縁があって直接ご連絡を頂いてお仕事を紹介して頂いたのに、しょうもない別案件のせいで忙しすぎて受けられなかったのがいまだに悔しい思い出です。
(忙しければ断ってもいいという話ではありましたが。。。)

VideoCopilot(ビデオコーパイロット)

https://www.videocopilot.net/tutorials/

こちらは世界的に見ても一番有名なチュートリアルサイトなのは間違い無いでしょう。

プラグインもここのもの(特にElement3DとOpticalFlares)は業界でほぼマストになっていますので、このサイトは外すことはできません。
まさに海外!という感じのかっこいいエフェクトテクニックを余すところなく教えてくれます。
※英語のサイトなのでチュートリアルは基本的に英語です。

このサイトのチュートリアルも、1つ見ては再現してみるというのを繰り返して、全て終わる頃にはレベルが何段階も上がっていると思います。
Element3DやOpticalFlareなどは購入する必要がありますが、いずれ持たなければいけないものなので思い切って先行投資しましょう。

先述しましたが、このサイトの主であるAndrew Kramer(アンドリュークレイマー)@videocopilotはイベントで日本に2度来ていて1度目のアフターパーティでは一緒に写真を撮ってもらいました笑
講演も飽きさせることのないエンターテイメント性を持たせつつかなり勉強になる内容になっていましたので次があったら是非参加をオススメします。
単純に面白いということもありますが、同業種の人が何百人も集まることなんてそうそうないので仲間を探すいい機会になりますよ。

Mattrunks

https://mattrunks.com/en/tutorials

こちらはフランスのサイトですが、英語でも配信してくれているのでひとまずは内容もわかると思います。
有料のものと無料のものがあるのですが、無料のものだけでも高品質なチュートリアルばかりです。
僕は有料のもいくつか買って勉強していました。
買い方がわからないという方はクリエイターズギルドで聞いて頂ければお手伝いできるかもしれません(やり方忘れてるかもですが。。。)

今は残念ながら更新はされていません。

SternFX

https://en.sternfx.com/tutorials/
タイかどこかのサイトかと思われるのですが、英語版もあります。(リンク先は英語版の方にしてあります。)

ここは多様な種類があるので全て終えたらかなりの経験値になること間違いなしです。

その他

上記をやり尽くして、他にもチュートリアルサイトが知りたいという方はこんなのもありますので一度見てみる価値はあるかもしれません。
AE TUTS+
MotionWorks
CreativeCow

YouTubeでもそれこそ無尽蔵にチュートリアルがあふれていますので、やって見たいエフェクトがある場合は「Tutotrial Fire(もしくはthunder,keying,tracking,particular)」などのように検索してみるといいのが見つかるかもしれませんよ。
「Fire」のところにエフェクト名ややってみたい効果(tunnel,warp,distortion,smokeなど)を書くと知りたいテクニックに行きつきやすいかと思います。

基本は英語のほうが多いですが、結構わかるので是非一度ご覧頂ければと思います。

僕がやって来た勉強の手法

基本的には上記のサイトを一通りやってみて、エフェクトを覚えるというよりもまずはショートカットや機能の把握に努めていました。

なぜなら料理のレシピを何から何まで覚えるのは難しいのと同じで、エフェクトの作り方を全部覚えるのは難しいからです。
まずは食材の扱い方と道具の使い方そのものを学ぶことが先決です。

大学の課題や仕事の案件で「あれどうやるんだっけ?」となった時には都度参考にしながらエフェクトを作成したりすれば良いと思います。
僕がそうでしたし今もそうです笑

ただ、下記の有料プラグインだけはマストで覚える必要があります。基本機能と並行してちょっとずつ勉強できるとベストですね。
・TrapCode Particular
・VideoCopilot Element3D / OpticalFlares

そうしてある程度基礎的な作業ができるようになった頃には一度VimeoやYouTube、ニコニコ動画で真似できそうな範囲の映像作品を真似して作ってみるのがいいと思います。
もしくは映画やアニメのオープニングでもいいかもしれません。
とりあえず、オリジナリティなんかは二の次で真似をしまくりましょう。

僕はやってこなかったのですが、絵コンテを作ってそれを作品にするような流れも並行してできると地力がかなり着くと思います。

最初のうちは基本操作も全然身に入ってこなかったりすることもあるかもしれませんが、時間が経つと自然に脳みそが解決してくれてたりするので、とりあえずインプットとアウトプットをしっかり継続していれば多分技術的には1年も経たずにプロレベルになれると思います。(知識や経験はまた少し別のベクトルになってきますのでなんとも言えないですが。。)

あとは人脈とわからないことが聞けるコミュニティがあれば会社に入って学ぶという期間も必要なくなるかもしれません。
そのコミュニティこそクリエイターズギルドです!(と自信を持って言えるようになりたい)
ある程度人数が集まったらわからない人向けにフレームレートとか変換の形式とかその辺の勉強しづらい基礎の勉強会をやるのもありかも。。

とにもかくにも、これから勉強される方はパラメータも多いし機能もかなり多いAfterEffectsを学ぶのに少なからず抵抗が生まれることもあるかもしれませんが、本当に継続は力なりなので是非とも研鑽して頂いて、同じ業界で一緒に働ける日が来ることを願っています。